1. ホーム
  2. キャッシング
  3. ≫計画的にキャッシングを利用する方法

計画的にキャッシングを利用する方法

キャッシングに対して、あまりいい思いをしていない人の多くは、いくら計画的にキャッシングを利用しようとしても最初は思っても、結局そういう人はズルズルと無計画に使ってしまうのではないかという固定観念を持ちがちです。しかし、クレジットカードなども、後で払うことを前提に、その時点ではお金を持っていなくても買い物をすることができます。いわばキャッシングとなんら変わらず、無計画に使おうと思えばいくらでも使うことが可能になります。計画的にキャッシングを利用さえすれば、クレジットカード同様使い道として大変有効な手段となります。
計画的に利用する方法として、まずしておきたいことが限度額を低めに設定するというものです。限度額は年収に応じて変動することになり、だいたい年収の3分の1までが限度額になることがあります。
しかし、年収の3分の1をキャッシングで借りるというのは相当な負担となります。そして、ズルズルと無計画に使った場合、かなりの負担が後になってかかることになります。そのため、限度額を低めに設定しておくことで無計画に使わないようにするということができます。例えば、限度額を10万円にしておけば、むやみやたらに散財するということができないですし、返済する際もすぐに終わります。本当にまとまったお金が必要となった時は限度額を可能な限り上げるよう審査を出せばいいだけのことです。
ほかの方法としては、実家などにカードを置いておくというやり方があります。手元にあるとついつい使いたくなるものですが、離れた場所に置いておくと使う機会がかなり限られると共に、キャッシングするたびに実家に戻ることになるため、使いすぎないようにするなどの心理的な効果が期待されます。ネックとなるのは、本当に必要だったときに頼りにできないということですが、その時は人から借りて、すぐに実家に戻ってキャッシングでお金を工面し、すぐに返せばいいでしょう。こうした利用法をしていくことで計画的に利用することができるのです。