1. ホーム
  2. 収入証明
  3. ≫キャッシングにおける収入証明とは

キャッシングにおける収入証明とは

キャッシングでは審査の際に収入のチェックを行います。
お金を貸すときに重要となる返済能力の確認のため、収入がいくらあるのか、また、安定した収入があるかなどを調べます。ここで参考にするのは申し込み書に記入した自己申告の内容です。しかし、その申告内容が事実であるかは記入した本人にしかわかりません。そこで事実確認をするために収入証明書の提出を求められることがあります。
キャッシングでは、貸金業者1社からの融資額が50万円を超える場合および貸金業者全社からの融資額が100万円を超える場合に収入証明書の提出をしなくてはいけないと規定しています。
50万円又は100万円以下の融資なら原則として収入証明は必要ないとしていますが、キャッシング会社の規定によっては提出が求められるケースもあるでしょう。
収入証明書は、給与明細、源泉徴収票、確定申告書などになります。即日融資を受ける場合は事前に用意しておくのがいいでしょう。書類によっては会社に発行してもらう必要があるので、できれば給与明細を残しておくのがおすすめです。
また、上記以外で提出が求められる可能性としては、在籍確認を拒否したときです。
在籍確認とは、申込み書に記入した勤務先に本当に在籍しているか確認するための電話連絡を入れることです。在籍確認は審査の際に必ず行われ、これも一種の収入証明確認になります。
しかし会社に連絡されるのは困るという方もいるでしょう。そんな時には、融資額に関わらず収入証明書を提出することで拒否することも可能です。
この条件で審査をしてくれるかどうかはキャッシング会社ごとに変わるので事前に確認してみてください。中には在籍確認は拒否できないとしてキャッシング会社も存在します。
キャッシングではほとんどのケースで収入証明書は必要なく身分証明書のみで契約できるとしていますが、場合によっては必要になることもあることを理解して申し込みましょう。