1. ホーム
  2. 収入証明
  3. ≫キャッシングを利用するさいに収入証明は必ず必要?

キャッシングを利用するさいに収入証明は必ず必要?

キャッシングはお金を貸し付けてくれる便利なサービスで主に消費者金融やクレジットカード会社などがサービス名として広く使っています。
キャッシングを利用するためには、利用に相応しい人であるかといった審査を受ける必要があります。審査では、利用条件に合致しているか、返済能力は十分にあるか、過去や現在に借り入れに関する問題がなかったか、といったことが精査されて、融資をするかどうかの可否が決定されます。
消費者金融の場合には安定した収入があれば借り入れが可能ですので審査に落ちる可能性があるのは、過去や現在に借り入れに関する問題の有無が重要なポイントとなります。極端に収入が少ない場合や過去に問題がある場合には借り入れをすることは困難です。
キャッシングを利用するさいには各種書類を提出する必要がありますが、必ず用意しなければいけないのが身分証明証です。運転免許証やパスポートがあれば、写真が付いているので一枚で済ませることができますが、運転免許証がない場合にはいくつかの身分を証明する書類を用意しなければいけません。また現住所と異なる場合にもそれらを証明する書類を提出する必要があります。一方で必要に応じて提出を求められるのが収入証明です。収入証明に関する書類としては確定申告書や源泉徴収票になります。消費者金融の場合には貸金業法で定められており、1社あたり50万円または他社と合わせて100万円以上の借り入れを行う場合には必ず提出しなければなりません。なお、銀行などの場合には必須ではありませんが、多くは300万円以上の借り入れを行う場合には提出が求められるケースもありますし、最初から求められるケースもあり、商品によって異なります。
なお、キャッシングでも在籍確認を省略したい場合などには、在籍確認の代わりとして収入証明書を出すケースもあります。いずれにしても借り入れをするさいには収入証明書を用意しておいた方がスムーズに審査を受けることが可能です。